fc2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

彦根城で6年ぶり誕生のハクチョウ死ぬ

2022年01月13日

彦根城で6年ぶり誕生のハクチョウ死ぬ 
大雪で倒れた木の下敷きに

1/13(木)

白鳥さん!
(私が撮った写真、ニュースとは関係ありません)

『 彦根城(滋賀県彦根市)で、昨年6月に6年ぶりに誕生したコブハクチョウ1羽が死んでいるのが見つかった。昨年末からの大雪で倒れた木の下敷きになったとみられ、関係者が心を痛めている。

 市文化財課などによると、ハクチョウは性別不明で体長約1・5メートル。同月に誕生した3羽の中で唯一生き残り、世話をする城関係者が成長を楽しみにしていた。内堀西側の小屋で飼育され、親鳥2羽やカモと泳ぐ姿が観光客らを和ませていた。

 年明けの4日夕方、市職員の男性(65)が雪解けが始まった堀沿いでハクチョウが倒れているのを見つけた。すぐ横には、年末からの大雪で倒れた木があり、市は下敷きになったとみている。

 現在、内堀では親鳥2羽が子どもを捜すかのように泳いでいる。城運営管理センターの宮川敏明所長(55)は「6年ぶりに誕生し、みんなで喜んでいただけに本当にショック。親鳥も悲しそうに映るし、来城者にもつらい思いをさせてしまう」と話した。』



彦根城のコブハクチョウさん
6月に3羽のヒナが孵ったのですが
カラスに襲われて1羽だけが生き残って育ってたそうです

6年ぶりに誕生したのに
本当に残念な事故でした
お世話をなさってる方も
さぞかしがっかりなさったことでしょうね


ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 


皆さま↓お知恵をお貸し下さいね
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
鳥の話題いろいろ | コメント(2)

寒い地方で越冬するツバメさん(岐阜県)

2022年01月12日

冬の高山にツバメ 堀内さん方の車庫「こんなこと初めて」
2021年12月23日
『 ツバメは東南アジアで冬を越し、この時期には飛騨地域にはいないとされるが、高山市新宮町の堀内啓行さん(77)方の車庫では22日現在、雄のツバメ1羽が巣で暮らしている。寒冷地の高山市内で冬を過ごすツバメは、珍しいという。

 堀内さんによると、ツバメは今春、車庫内にやってきた。子育てを終えたが、秋になっても温暖な地域へ飛んで行かず、現在も暮らしている。
 毎朝、えさを食べるために車庫を出た後、夕方以降に再び車庫内の巣に戻ってくるという。高山市内は最近、気温が下がって降雪もあり、堀内さんは「なぜだろう。こんなこと初めて」と感じているという。

 日本野鳥の会岐阜の直井清正副代表は「冬に高山で生活しているツバメを初めて見た」と驚き、このツバメの今後を心配している。』


巣のそばに電球
温めてもらっている様子です


「今までありがとう」 高山のツバメが去る
2021年12月28日
『 冬になっても、高山市新宮町の堀内啓行さん(77)方の車庫で過ごしていた雄のツバメが、二十六日から巣に戻らなくなった。暖かい南方に飛び立ったとみられる。

 ツバメは本来、冬の間は東南アジアで過ごす。だが、このツバメは四月二十日に車庫内で営巣を始め、子育てを終えて気温が下がり始めても、巣に居着いていた。十二月に入っても高山の寒空を飛んでえさを食べるなどしており、地元で話題になっていた。
 堀内さんによると、このツバメは雪が降る二十六日朝に飛び立った後、二十七日時点で巣に帰っていないという。堀内さんは「八カ月余りも一緒に暮らしたツバメ。寂しいけれど、どうか、暖かい地で元気に過ごしてほしい。今までありがとう」と...』

ひとりぼっちで過ごしてたけど
12月26日に移動を決心したツバメさん
どうか無事でいますように・・



同じ岐阜県で こちらは別のツバメさん
2019年から2020年の越冬記録


2019年12月8日 ヒナの巣立ち  
これまたびっくりですね
子育てするだけの餌があって良かった
2020年1月12日まで幼鳥が一緒に過ごす
ヒナちゃんたち大丈夫だったかな
ヒナちゃんだけで移動できたのかな

そして、親鳥さんたちのその後は、、、動画をぜひご覧ください


どうして、こんな寒い地方の冬に
子育て越冬することを選んだのでしょうか
寒さよりも問題は餌がとれるかどうか、ですよね

こういうツバメさん、増えている?
温暖化の影響?ツバメさんの進化?
冬の子育て、大変でしょうに


《追記》
寒冷地で越冬するツバメさん
こちらも吹雪でも元気ですごいので載せておきます
 


ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 


皆さま↓お知恵をお貸し下さいね
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(4)

福井のツバメの続報です

2022年01月11日

12月10日の記事で
「ツバメが雪国福井で季節外れの子育て」
というニュースをご紹介しました

その後、巣立ちは出来たのか
寒波を避けて移動することは出来たのか

とても気になっていましたが

いつもコメントを寄せてくださるピー子さんが
その後の様子を福井新聞社に問い合わせてくださり
そのご返事が届きました

転載許可を得ていませんので
ご返事の内容をかいつまんでご紹介いたします

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ツバメのひなたちはいずれも巣立つことが出来て
親鳥と付近の田んぼで餌を取る姿が確認された

しかし、
クリスマス頃に福井県内に寒波が訪れて大雪となり餌が不足し
親鳥もひなも1羽ずつ力尽きていってしまった

その頃は最高気温1度などの日もあり
厳しい寒さも原因だったのかと思われる

最後の1羽が1月1日に力尽き、全滅してしまった


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上のような、悲しい結果となってしまいました😭😭

やはり、寒さの厳しい北陸で生き延びるのは難しかったようで
学芸員さんによると、豪雪地では初めての冬季巣立ちだったのではないかとのことです

少しでも南に移動して無事に寒波を避けてくれることを願ってましたが
巣立ちして間もない時期ではそれも無理だったのでしょうか
親鳥さんもヒナちゃんたちを見捨てずに一緒に命果てたのですね

くしくも元旦の日に最後の一羽が亡くなったとのこと😢
悲しいお知らせとなりましたが、ご報告しておきます

福井新聞社さま、ありがとうございました



ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 


皆さま↓お知恵をお貸し下さいね
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(8)

師走になっても飛び立たないツバメ

2022年01月03日


師走になっても飛び立たないツバメ 渡る時期を逃した?
気流変わり引き返した?…自宅の巣を見守り続けた女性がくれた便り

2021/12/30(木)
『 「渡り鳥であるはずのツバメが、今も納屋にいるんです」。兵庫県三田市の本庄地区に住む女性(80)の自宅で、12月中旬になってもツバメが2羽、巣の中で身を寄せ合っていると神戸新聞に連絡があった。渡る時期を逃してしまったようだが三田の寒い冬を越せるのだろうか。心配になって訪ねた。(喜田美咲) 


三田ツバメ
(写真、お借りしました)

物干しざおに止まる2羽のツバメ 

 ツバメは長距離を移動する渡り鳥。春に日本にやってきて、寒くなる前に東南アジアの温暖な地域へ飛んでいく。5月には、三田駅構内でぎっしり並んで親を待つ7羽のひなを取材したこともあった。

 女性によると、納屋には24個の巣があり、毎年3月20日ごろにそれぞれの巣につがいがやってくる。自由に出入りできるよう、ツバメが巣立つ秋ごろまではシャッターを開けて見守る。

 稲刈りをした9月20日には、虫を食べようと多くのツバメが飛び交った。次の地へ飛び立つ前には、家の前の電線に100羽近くが並び「さようならと言われているようだった」と振り返る。

 しかし11月になっても雄と雌の1羽ずつが一つの巣にいることに気付いた。12月も日中は外を飛び回り、夜には戻ってきた。

 県立人と自然の博物館の布野隆之研究員=鳥類学=によると、何らかの原因で日本をたつ時期が遅れてしまったと考えられるという。渡る時期がずれたことで海上の気流が変わり、飛びにくくなって引き返す現象が起きたようだ。

 県鳥獣対策課によると、「かわいそうだと思う気持ちは分かるが、鳥獣保護法に基づき、介入しないのが大原則」。人に飼われると、えさの取り方を忘れ、野生に戻れなくなる。人間のにおいがつくと仲間からも警戒されるようになり、生態系保護のためにも自然の摂理に任せないといけない。

 ただ、巣の周りを囲って防寒対策することなどは問題ないという。女性は「ストーブをたいてあげようかな」と見守り方を考えていたが、28日、「飛び立ったようだ」と知らせてくれた。

 年末のイベントやお正月の準備でにぎわう町の様子につられたのかな? 無事に暖かい地域へたどり着けますように。』



1羽だけの一人ぼっちじゃなく
ご夫婦お揃いのようなのが安心材料

「納屋には24個の巣があり」
おお、すごいですねえ

「渡る時期がずれたことで海上の気流が変わり、飛びにくくなって引き返す現象」
ふーむ、そういうこともあるのですね
どういうふうに気流が変わったのかしらん
気流、北から南が、南から北に❓あれ❓
そんな単純なことじゃないのでしょうね🤔

「鳥獣保護法に基づき、介入しないのが大原則」
はい、正論ですね
でも、それは「法律があるからダメ」って言うわけじゃない
ツバメさんにはツバメさんの都合や考えがあるのかな🤔
だとしたら、それを尊重しなきゃね
だから、人の勝手な感情で保護してしまうのはダメですよね❌

「人間のにおいがつくと仲間からも警戒されるようになり」
こういう言葉しばしば聞きますけど
これは、ちょっと違いますね~🤔
ツバメは人の匂いなんて気にしませんよねぇ❗


暖かくしてあげるのは良いこと
私もきっとそうしてあげると思います
でも、越冬するためには、
気温よりも、餌があるかどうかが問題ですよね
餌捕りは手伝ってあげられませんので😥

無事に移動できたことを願います


ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 


皆さま↓お知恵をお貸し下さいね
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(6)

明けましておめでとうございます

2022年01月01日

明けましておめでとうございます🎍🐯

IMG_0486.jpg

みなさまのお家では「日の丸」を掲げられましたでしょうか

我が家では、写真のように
つばめさんがいない時期の旗日には
必ず日の丸を掲げています

今年が平和な一年となりますように

すべての生き物にとって
穏やかな日々が続きますように

日の丸を照らすお天道様に祈ります


ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 


皆さま↓お知恵をお貸し下さいね
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
いろいろ | コメント(2)
 | HOME | Next »